昭和大学歯学部同窓会のホームページです

広島県支部 令和元年 定期総会

広島県支部  12回生 土井 伸浩

 

7月25日に平年より4日遅く梅雨明けが中国地方でも発表され、夏本番を迎え、厳しい暑さを感じるようになりました。広島県では昨年度の『平成30年度7月豪雨』の際、各地で多大な被害を受け、県外からの同窓の先生方からの心配・励ましのお声を頂き、改めてこの場をお借りしお礼申し上げます。

毎年7月末に、昭和大学歯学部同窓会広島県支部では総会・懇親会を開催しております。

今年度は、広島市内の焼肉店にて、(花火大会や納涼会と重なったためか?)出席者10名で少人数でしたが、令和になり初めてであり、田澤新支部長(7回生)になり初めての総会でありました。田澤支部長による挨拶により開会し、支部長による同窓会運営に関する報告

天間(旧姓新谷)副支部長(7回生)による広島県昭和大学医歯薬同窓会(三師会)懇親会の報告・平田副支部長(7回生)による会計報告の後、久保顧問(3回生)の乾杯の音頭で

宴に入りました。会は賑やかな中にも和やかに進み、近況報告や症例の相談など真面目な話からカープ談義など各々がいつまでも話が尽きないようでありましたが盛況な中で終了しました。広島県支部の同窓生自体多くないなか、毎年10数名出席での総会ではありますが、

役員の先生方の若手への配慮(気遣い)もあり、今年もとても有意義で楽しいひと時を過ごすことが出来ました。今後も広島県内の新卒・研修医・大学院生の先生方や女性の同窓生の先生方も参加出席しやすいような会の運営をめざしていきます。

 

ページトップへ