昭和大学歯学部同窓会のホームページです

各支部からの報告

東京支部連合会 各支部からの報告

東京支部連合会 城西支部

●城西支部長 松本一彦 (12回生)

 城西支部では、年間に行う事業の中で、学術講演会に主に力を入れ行っております。 今年度の学術講演会は、昭和大学スポーツ運動科学研究所。船登雅彦教授をお招きして令和元年12月7日(土曜日)新宿安与ホールにて「最新臨床スポーッ歯科-2020東京オリ・パラに向けて一」をテーマにご講演して頂きました. オリンピック・パラリンピック開催に向けて歯科領域において、特にマウスガードの競技での必要性、製作時の注意点や応用点などについてお話しして頂きました。 講演会には、濱田亮太同窓会副会長にも御出席して頂きました。その後、Tokyo Cuisine&Wine房's新宿店にて忘年会を行いました。下山忠明東京支部連合会会長、杉並保健所地域保健・医療連携担当課長布施晴香先生方も参加してくださいました。飯島裕之先生 (杉並区歯科医師会会長) の乾杯のご挨拶を頂き、会合が始まり、船登先生を囲み懐かしい学生時代の思い出やスポーツでの歯科の役割など講演では聴けないことも含め盛大に盛り上がる会でした。 城西支部ではまだ参加者が少ないのが現状ですが、数多くの会員の先生方が参加できる会にしていきたいと思っております。今後とも城西支部会員の先生方の参加をお待ちしております。

東京支部連合会 城西支部
ページトップへ