昭和大学歯学部同窓会のホームページです

千葉支部会報告

令和元年度 昭和大学同窓会千葉支部会総会 ―千葉昭和学術会― 報告

令和元年10月20日(日) 午後2時〜 於:千葉センシティタワー 23F 東天紅

 

12回生 清水 高士

 

9月、10月と立て続けに猛威を振るった台風15号、19号の余波が残る中、令和となって初めての昭和大学同窓会千葉支部会総会―千葉昭和学術会が開催されました。山元俊憲昭和大学医学・医療振興財団理事長、久光正学長、小川良雄医学部長、中村明弘薬学部長、下司映一保健医療学部長、土佐泰祥医学部同窓会副理事長、小原希生歯学部同窓会会長、佐藤淳一薬学部同窓会会長、関圭一薬学部同窓会事務局長、仲保徹保健医療学部同窓会会長、大滝周保健医療学部同窓会副会長、11名のご来賓をお招き致しました。会員の出席、医学部11名、歯学部16名、薬学部22名、保健医療学部1名の計50名の盛大な会となりました。総会は薬学部同窓会千葉県支部会会長の安藤秀人先生(10回生)による挨拶で始まり、その後、昭和大学校歌を全員で斉唱しました。そして物故会員に黙祷を捧げ、昭和大学医学部長小川良雄先生、薬学部長中村明弘先生、保健医療学部長下司映一先生より祝辞を賜りました。また、議事においては全ての議案が無事に承認を得ました。学術講演会は『薬剤師及び医療職と行政、未来への展望』と題して、山元俊憲先生にご講演いただきました。行政主導で導入されてきた医薬分業についての今後の展望と変革についての私見をお話し頂きまして、まさに医歯薬保健医療学部4学部を擁する医系総合大学の昭和大学の役割の重大さを知り得た素晴らしい講演でございました。その後、全員での記念撮影後はいよいよ懇親会です。医学部同窓会千葉県支部長四ツ谷敏朗先生、歯学部同窓会千葉県支部長内田治雄先生、薬学部同窓会千葉県支部長安藤秀人先生より挨拶があり、昭和大学学長久光正先生、医学部同窓会副理事長土佐泰祥先生、歯学部同窓会会長小原希生先生、薬学部同窓会長佐藤淳一先生、保健医療学部同窓会長仲保徹先生、保健医療学部同窓会副会長に祝辞を頂き、歯学部3回生甘利昌彦先生の乾杯の発声の元、歓談がスタートしました。学部、先輩後輩の垣根を越えての交流が会場内の随所で見られました。名残惜しい空気の中、医学部同窓会千葉県支部長四ツ谷敏朗先生より閉会の辞を頂き、滞りなく終了致しまた。参加された皆様全員が改めて、昭和大学の同窓で良かったと感じて帰路に着いたと思います。また、来年は未定ではございますが四学部合同で千葉ではなく、旗の台の竣工間もない上條記念館にて行うという案が出ています。何れにせよ皆様方の多数の参加を願って止みません、ご来場をお待ちしております。

 

 

ページトップへ