昭和大学歯学部同窓会のホームページです

城南支部報告

荏原病院 歯科口腔外科連携 勉強会・見学会

 

524日(水)19時30分よりより大田区東雪谷の東京都保健公社 荏原病院にて、城南支部主催の同病院講演会、見学会を行いました。

荏原病院歯科口腔外科は現医長 医科歯科大出身の長谷川士朗先生、本学14回生の斉藤浩人先生のダブルキャストのもと地域医療の基幹病院として大きな機能を果たしております。前医長は本学地域連携歯科教授の佐野晴男先生であることは皆様もよくご存知であると思います。

それ故、近隣地域の会員が多い城南支部としても是非見学をしたいというご要望もあり、また斉藤浩人先生からの快いお申し出もあり今回の開催となりました。1930分から歯科口腔外科の外来見学、引き続き最新設備を備える放射線科での機器見学、さらに他病院ではお目にかかる機会のない顎骨炎に有効な高気圧酸素治療室見学などを見学させていただきました。

この後、会議室で長谷川先生、斉藤先生から「紹介いただいた患者様のその後」というテーマでご講演をいただきました。21時からは場所を石川台駅に移し鴻運食房という中華料理店にて懇親会を行いました。この懇親会には佐野前教授もお見えになられ、参加者ともども和気あいあいと話が進みました。出席者は東京支部連 城南支部会員 14名 神奈川支部会員 2名、荏原病院歯科口腔外科医員 6名  計22名でした。

地域連携を密にするためにも地域基幹病院の現状を知ることは大切であり城南支部では今後もこのような病診連携を図ってまいる所存です。

 

 

 

ページトップへ